廃墟の遊園地「化女沼レジャーランド」

遊園地1

                    化女沼レジャーランド跡(2018年7月1日撮影)

7月1日は、いい天気で良かったよ~。もし暗い曇りの日に、このような廃墟施設へ行ったら、気持ちも暗くなってしまいますよね。写真のこの施設は、廃墟マニアにはかなり有名な所で、宮城県大崎市古川にある「化女沼レジャーランド跡です。化女沼=けじょぬま、と読むらしいです。東北自動車道の「長者原サービスエリア」のすぐ隣の「化女沼ダム湖」の道路沿いにあります。 


遊園地2

                   化女沼レジャーランド跡(2018年7月1日撮影)

ダム施設になる前は、かなり昔から「自然の湖沼」として有名で、水生動植物が今でも数多くいるという事です。これは伝説ですが、大昔この沼に身を投げて、変身?しようとした美女が居たという事から、この「化女沼」となったそうです。


遊園地3

                    化女沼レジャーランド(2018年7月1日撮影)

遊園地4

                   化女沼レジャーランド(2018年7月1日撮影)

昔は子供たちといっしょに、多くの家族たちがこのレジャーランドに来て、楽しく遊んだんでしょうね  この跡施設を、写真を撮りながら歩いていると、その時の様子を少し感じるものがありましたね。


遊園地5

                    化女沼レジャーランド(2018年7月1日撮影)

全国的にも、このような跡施設がたくさんあるんでしょうね。廃業のホテル、旅館、会社ビル、あと一般の廃墟住宅も増えているような気がします。やっぱり「少子高齢化」が、大きな原因なんでしょうか。 (´・_・`)


遊園地6

                    化女沼レジャーランド(2018年7月1日撮影)

                    

 
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment